欠伸(あくび)の効用

info@inage-harikyu.com/大阪/平野/加美/鍼灸院
欠伸の効用

「欠伸」と書いて「あくび」と読みます。「伸びる事が欠けている」つまり「縮む事が多い」となりますね。「縮む」とは「緊張」「身構え」「力み」「交感神経優位」などが思いつきます。この事は そのような状況が多いとなります。また、「伸びる」とは「ゆったり」「リラックス」「副交感神経優位」などが思いつきます。
つまり「欠伸=あくび」には「自律神経のバランスを整える」役割があるという事が言えます。あまりに頻繁な欠伸は他の病気を疑う事もありますが、例えば「寝入りが悪い」「途中で何回も起きる」「歯ぎしり」「朝から疲れている」などの「睡眠障害」の方は就寝前に「あえて」「わざわざ」「無理矢理に」でも構いませんので欠伸をしてから就寝して下さい。この事は緊張状態の脳に「自分はいま最高にリラックスしているんだ」と自己暗示をかけ、その気にさせて深く眠り、カラダのあらゆる働きを統治している脳の疲れを取り除きリセットできる状態を作り出す行為なのです。

It is a story of "Yawn"

Yawn is written as "欠伸" in Japanese.

''欠"Means lacking."伸" Means relaxation.

In other words, it can be said that there is much tension.

There is a role in keeping such a state in balance well in the missing.